FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trip part3

2010/05/17 Mon

小旅行も3日目に突入。

そろそろ旅の疲れが...あるわけなーい!

早朝、イスラム教のコーランとエンジンをふかす音に目が覚め時計を見るとまだ4時半!

不快に感じつつ、2度寝できる喜びに浸りながら再度就寝。 

IMG_9271_convert_20100602215241.jpg
・部屋を出る時、清掃員の女性の子供がポーズを取ってくれました。

今日は、午前チャグニのマーケットにて買い物及び、昨日手に入れた情報では近くの村よりアムハラ語も通じない民族が来るとのこと。
(何族かは忘れました。すいません。)

※ちなみにエチオピアでは81以上の民族が存在し、それぞれの言葉を持っている。
  公用語として、アムハラ語が使用されている。

P1050512_convert_20100602215435.jpg
・マーケットにて働く女性

マーケットである程度時間を過ごし、半ばあきらめていた時、彼らは現れました。

ひときわ目立つ肌の黒さ。そして、足の長さ。

中にはアムハラ語を話せる方もいましたが、ほぼ通じません。

何とか写真を撮らせていただきました。ありがとう。

P1050518_convert_20100602215521.jpg
・若干カメラを警戒している模様

その後、完全に満足しきった私たちは次の目的地、ナイルの源流があるといわれている村へ。

そこで事件が...

村に着き早速見に行くことに。おや!とある看板を発。、そこには見物料外国人50Brii、エチオピア人5Briiとのこと。

高すぎるだろう愚痴をこぼしつつ村人に案内されるがままに着いていくと、そこにはちょろちょろと出ている水と、ごみと一緒に溜っている水たまり。

異臭のようなものも漂っていました。

えっ!これだけと聞くとそうだと答える案内人!?

厳密に言うと、源流は教会の敷地内にあり、信者出なければはいられないとのこと。

がっかりし帰ろうとすると、案内人が「50Brii払え!」という。

単純にこの時、私たちの頭の中は????でいっぱいだったことでしょう!

結局ヤジ馬に囲まれもめにもめ、半額の25Brii払うことに。

なにより、その場から早く帰りたかったというのが本心。

この旅では、エチオピア人のいい部分、悪い部分が垣間見えたような気がする。

帰りの車内、ひたすら文句を言ってストレス解消。

いいことだけじゃないのが旅ですね。

その後奇跡的にバハル方面に向かうバスを見つけることができました。

話を聞くと、このバスは親戚一同で貸し切っていた模様。しかし、快く私たちを迎え入れてくれました。

軽く料金ぼったくられましたが。そんなことは気にしません。帰れただけでいいんです。

3日ぶりにMY HOMEに帰ることができました。

これにて、小旅行記終わり。

旅行での写真は近日公開いたします。
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。